⽂部科学省「データ関連⼈材育成プログラム」事業
『医療・創薬 データサイエンスコンソーシアム』⼈材育成研修

Q&A

よくある質問にお答えします

Q1.国立研究機関のリアルデータにアクセスできるというところに魅力がある。研修プログラムということであるので、使用できるデータには制限があると思うが、どの程度データを使用できるのか

A1.各研究機関が持つ、リアルデータを利用するが、研修用のデータセットを用意する場合もあるし、実データを利用するためにData Transfer Agreement(DTA)を結んで、利用していただく事もある。
また、リアルデータを元に、解析するための各研究機関の担当の教官からアドバイスを受けられる。

Q2.研修を受けた結果、データを解析した内容の成果の取り扱いはどのようになるのか

A2.本事業は教育プログラムとなるため、研究で得られた成果は、各研究機関に帰属することになる。
ただし、東北メディカルメガバンク機構の場合は、試料・情報分譲申請の上、入手した情報で分析した成果は、解析研究を行った企業の知的成果となる。
原則として、研修の結果の成果を元に各企業がその成果を利用したいということに発展する場合は、各研究機関と話し合っていただき、別途個別に共同研究契約を結んでいただきたい。

Q3.どのような人材が参加すればよいか

A3.自分でプログラミングができなくてもよい。
講義の中で「R プログラム」「パイソンプログラム」の演習があるが、パソコンでこれまでにいろいろなデータを扱った経験のある人であれば、理解できる内容になっている。

Q4.学位の取得は可能か

A4.学位の取得はできない。学位ではなく、日本オミックス医療学会から修了証を出すことにしている。

Q5.大阪方面の会社であるので、授業に通うことが困難である。遠隔授業或いはビデオの授業などがあるのか

A5.ビデオを撮って、遠隔で授業を受けられるようにする。ただし、講義中に臨床症例に関わる情報などのconfidential な内容が含まれる場合、その講義のビデオの撮影は行わず、ビデオの授業を行わない。

Q6.オープンイノベーション研究会の参加対象者はどのような人か

A6.受講者含め、原則、連携機関の企業で参加希望のある人は何人でもよいと思っている。活発な討議ができるようにしたい。

Q7.2017 年度に参加した企業は2018 年度に参加しやすくなるか

A7.2017 年度は2018 年3 月までとなるが、基本的には契約は1 年単位。 2017 年度はモニターとしての参加であったため、修了証を受けるために来年度も参加を希望する場合は参加を認める。

Q8.企業から出す人材で学位を取ってもらいたいときに方策はあるか

A8.大学の社会人大学院コース入学を同時に取っていただく必要がある。

Q9.受講終了時に試験があるか

A9.授業に出ていればわかる内容の範囲内で、試験実施の方向で検討中。

Q10.法律や、知財に関する授業はないのか

A10.生命倫理や知財に関する講義を2018 年度より開講予定である。

Q11. 授業の代理出席は可能か

A11.代理出席は認めない。